Contents
←
→
イベントカレンダー
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
公益財団法人 鳥取県産業振興機構
〒689-1112
鳥取市若葉台南7丁目5番1号
■TEL:0857-52-3011
■FAX:0857-52-6673
■E-mail:
トップページ > 部署別で探す > 総務企画部 > 賛助会員企業リポート > 賛助会員企業リポート 第8回 田村精機株式会社

賛助会員企業リポート 第8回 田村精機株式会社

会社概要

企業名:田村精機株式会社

所在地:鳥取県米子市車尾2-6-8

電 話:0859-33-0511

FAX:0859-22-9536

URL:http://www.tamuraseiki.co.jp


設  立


本社工場 昭和30年10月 設立
昭和58年 6月 株式会社に組織変更
北栄工場 昭和53年10月



企業リポート

 賛助会員企業リポート第8回目は、米子市で昭和30年から精密機械部品の加工、切削工具の製造・販売などを営む田村精機株式会社を訪問し、製造部品や今後の活動についてお話を伺いました。

 鳥取県内でも精密機械部品の切削から溶接、そして加工まで一手に引き受ける数少ない企業です。また、中部の北条工場では、機械精密加工に加え、切削バイトのロー付け加工にも対応されており、大手企業の信頼を得ている企業です。
製品の数々

”一品一様の製品づくり”

 同社が毎日製作する製品は50種類以上であり、多品種を製作しています。しかも同一製品のリピートが少ないものづくりのため、製品一つ一つの製作作業や工法・工程を考えなければなりません。そのため、製作する際には、常に一度頭を切り替えて新しい気持ちで製品を製作しています。
工作機械と加工製品
 同社の強みは、製作部品を切削、加工、溶接、検査まで出来ることです。
 特に溶接を加えた機械加工を得意とし、最後まで製品を社員が責任を持ってお客様の立場に立ち、お届けすることをモットーとしています。

 その製品づくりの中でも一番大切なのは、溶接です。
 技術者の知識と経験に頼らなければできない仕事で、間違えればもう一度初めから作り直すことも・・・。
 そのため、常に材料の特性を考え、製品を製造しています。


研削から溶接まで行います。

 製造される製品はφ(パイ(直径))1~300、幅50cm位まで、完成された製品は誤差の下限が1/100以下。また北栄町の工場では、1m位の製品も製造され、150kgの研磨も可能です。

 また、出荷時には、常に製品が綺麗に磨かれています。精密部品は、あまり人の目に触れない部分。しかし、目に触れないところだとしても、綺麗にしておきたい。このことから、一部品を製造されているのではなく、一製品を製造されているのだと気付かされます。


 製品の製造はもちろん、一度壊れた部品の修理も可能です。
機械部品を製造しておられる会社ならではのお話で、自社にある機械に不具合が生じてしまった場合、自社で壊れた部品を作成し、修理されています。これが、精密機械を製造しておられる同社の強みの1つとなっています。

 精密製品以外にも、切削工具のバイトを製造しています。
 1/100の精度で作成され、刃先が折れたり、切れにくくなった場合は、カッターナイフの刃のように傷んだ箇所を削れば、再度使用する事が可能です。バイトを最後の最後まで使用することができるため、経済的にも環境にも優しい製品も製造・販売しておられます。

北条工場の様子

今後の活動について

 主軸となる溶接を加えた加工を中心に高品質、低コスト、短納期で商品を提供していきたい。
 また販路を拡大し、自社の特性を活かした仕事をしていきたいと考えられています。