Contents
←
→
イベントカレンダー
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
公益財団法人 鳥取県産業振興機構
〒689-1112
鳥取市若葉台南7丁目5番1号
■TEL:0857-52-3011
■FAX:0857-52-6673
■E-mail:
トップページ > 部署別で探す > 総務企画部 (米子) 西部センター > 鳥取県自動車部品研究会オンラインセミナー『今後の自動車対応(カーボンニュートラル、CASE、MaaS) について』を開催しました

鳥取県自動車部品研究会オンラインセミナー『今後の自動車対応(カーボンニュートラル、CASE、MaaS) について』を開催しました

 令和3年8月3日(火)に、鳥取県自動車部品研究会オンラインセミナー『今後の自動車対応(カーボン ニュートラル、CASE、MaaS)について』を開催しました。

 セミナーでは、愛知工業大学 客員教授 藤村俊夫様より、ご専門の自動車分野の最新動向だけでなく、エネルギー政策も含めたカーボンニュートラルについて、幅広くご講演いただきました。更に、最新技術動向として、CASE、MaaS、その先のスマートシティーに至るまで、提言案を含めて具体的にご講演いただきました。

 そのなかで、エネルギー戦略ありきで、カーボンニュートラルに対応すべきで、例えば、自動車の動力源は、EV一辺倒ではなく、エネルギーにより多様な可能性のあること。現存車でも、再エネ由来のe-Fuel を使えば、カーボンニュートラルが実現できること。現時点では、LCAで見ると、EVよりむしろHVの方がトータル発生CO2が低くなるケースが多いことなど、2050年カーボンニュートラルに向けて、途中段階が非常に重要であることを認識できました。

 セミナーへは、県内企業11社18名、関係機関(県庁、県外支援団体、当機構)合わせて、約45名にご聴講頂き、「とても素晴らしい講演で自動車の最新動向が良く理解できた」、「今後のエネルギー政策に注目したい」、「e-Fuelの可能性を感じた」、「2030年の目標達成にはEVよりHVが有効な可能性があることが分かった」等の感想をいただきました。

 セミナーの映像は、当財団HP「動画アーカイブ」で公開しております(賛助会員様限定)。
映像の閲覧にはパスワードが必要となりますので、下記URLよりお申し込みください。

 ◎視聴・お申込みはこちらから⇒https://toriton.or.jp/~seminar-archive/archives/433

当財団では、今後も皆様のご要望をお伺いし、県内企業に有益となる自動車関連セミナーを開催してまいります。
セミナー画像(PC画面)
セミナー画像(PC画面)